MFCMSブログ

2012.11.16

SEO対策ツール

本日より新しいサービスを追加しました。

その名も『+ストア』

まずは2機能をリリース致します。

・SEO対策機能
・EC専用物流アウトソーシングサービス

詳しくはMFCMSにログイン後「admin」→「システム」→「+ストア」をご覧ください。

2012.11.02

SEO対策『ロングテール対策について』


 MFCMSの機能にfacebook連動やTwitter連動があります。

この機能を有効活用してあなたもロングテール対策を行ってみてはどうでしょうか?

「ロングテール対策」とは?


 サイト公開間もない状態でビッグキーワードやミドルキーワードと呼ばれる、検索される回数の多いキーワードでランキング上位に

来ることは非常に難しいです。ですが、それなりの知識とやる気さえあれば確実にアクセスを集めることが出来るのがマイナー

キーワードを狙って集客することをロングテール対策と言います。

 上の図は、ロングテールの意味を1発で理解できるように用意した画像です。

恐竜のロングテールちゃんです。皆さん、可愛がってください。

ロングテール(The Long Tail)とは「ロングテール論」「ロングテール現象」

「ロングテール効果」などで解説されることがある用語です。

良くAmazonが成功した理由で語れることの多いロングテール。

ざっと解説しますと、通常の書店では売れ筋の商品を並べ売りますが、

Amazonでは売れ筋ではない商品も大量に扱うことにより、売り上げの総数を稼ぎました。

グラフの見方は、縦軸が販売数。横軸が商品です。一番左の縦に長いグラフが売れ筋商品(人気商品)。

恐竜の頭の部分に例え、ヘッドと呼ばれています。そして、右に行くにつれ、恐竜の長い尻尾の部分が占めてまいります。

これは、個々の商品の需要はさほど高くない商品です。恐竜の尻尾の部分に例え、テールと呼ばれています。

これらの考え方をSEOのキーワードに当てはめたものが、ロングテールSEOです。

商品→キーワード に置き換えて頂ければわかりやすいかと思います。

例えば、「SEO」というキーワードは需要も検索者も多い、ヘッドの部分のキーワードです。

ヘッドに位置するキーワードはビッグワード、ビッグキーワード、メジャーワード、

メジャーキーワードと呼ばれています。

「パンダアップデート対策」というキーワードは、「SEO」に比べると需要も検索数も

少ないキーワードです。恐竜の尻尾の部分(テール)に位置しているキーワードは、

スモールワード、スモールキーワード、マイナーワード、マイナーキーワードと呼ばれています。

そして、恐竜の胴体部分に位置するキーワードは、ミドルワード、ミドルキーワードと呼ばれています。


マイナーキーワードを狙う強み。

ヘッド部分の売れ筋商品(人気の高い検索キーワード)は需要が高いです。

つまり、検索ランキングで上位表示されれば、単一キーワードで月間1万アクセス以上を稼ぐことが可能でしょう。

しかし、ヘッド部分のビッグキーワードと呼ばれるキーワードを狙うのは、一朝一夕ではいきません。

相当の有名サイト、人気サイトに仕上げていかない限り、ビッグワードでの上位化は難しいでしょう。

そこで、マイナーキーワードを狙いアクセスを稼ぐ戦術をお勧め致します。




マイナーキーワードを狙うロングテールSEOの利点

  • 検索ランキング上位化が容易

  • ユーザーの欲求を満たしている可能性が高く、コンバージョンが高い

  • 無数のキーワードやキーワードの組み合わせが眠っている

  • ミドルキーワード、ビッグキーワードの上位化までの登竜門

テール部分のマイナーキーワードは比較的簡単に検索ランキングの上位化が可能です。

1つのキーワードで1万アクセスを稼ぐことは素晴らしいことですが、1000個の

キーワードで1万のアクセスを稼ぐほうが簡単です。


ソーシャルメディアとロングテール対策

ソーシャルメディア(Facebook、Twitter、Mixiなど)を登録されている方は

たくさんいますが、○○に来ました。○○を食べました。などの記事が多くいです。

「MFCMS」のブログやトピックス記事のタイトルをロングテール対策を行い。

ホームページの更新作業を行いながら集客につながる情報配信をすれば有効なSEO対策

につながると思います。みなさん頑張ってみて下さい。


2012.10.30

SEO対策に関して

今日からSEO対策に関するブログを少しまとめて行きます。
MFCMSのSEO目標の設定もあわせて説明できれば幸いです。

最近のSEOのキーワードは何と言っても「内的要因の強化」でしょう。
ただし何も知らない人に「内的要因」と言ってもチンプンかんぷん??って人も多いでしょう。
であれば出来る事から行うのがベストではないでしょうか?

手始めにタイトルタグ(<title></title>)
タイトルタグはSEO対策でも重要な1つです。

1.全角30文字前後で記述する。
2.キーワードの出現回数を2回までに留める。
3.サイト内の内部ページは「ページタイトル|サイトタイトル」という形を基本とする。
4.ユニークなタイトルを意識する。

皆さんも頑張って上位を目指しましょう。

熊本SEO対策 熊本SEO対策 熊本SEO対策 熊本SEO対策 熊本SEO対策